注文住宅の価格の相場※ハウスメーカーの価格を比較

注文住宅の価格の相場※ハウスメーカーの価格を比較

注文住宅の価格※ハウスメーカーの価格はいくら?

 

注文住宅を建てる時に価格が気になるところです。

 

注文住宅は自由度の高い家づくりですが実際の所いくらくらい必要なのか

 

目安がほしいものです。

 

 

そこで注文住宅の価格について知っておくとハウスメーカーとの依頼や相談にも役立ちます。

 

 

注文住宅の価格って?

まず最初に知っておくことは注文住宅の価格の仕組みについてです。

 

注文住宅の価格は建売住宅と違って自分でカスタマイズできるし自由な間取りにすることができます。

 

自分がどんな家に住みたいのか漠然としたイメージから具体的にすることも重要です。

 

そして具体的な家の間取りやデザインが見えてくると価格が決まってきます。

 

 

同じ注文住宅を建てたとしてもハウスメーカーによって価格も違ってきます。

 

理由は仕入れ先や素材、人件費など注文住宅を建てる上で各ハウスメーカーの設定金額が違うためです。

 

価格を知るにはまずは自分がどんな注文住宅にしたいのかを決めることが大事です。

 

 

 

注文住宅の流れ

注文住宅を建てる時の流れとしては、まず最初に家族や自分の住みたい家やこだわりをまとめることです。

 

間取りやデザインも具体的にこだわりを決めてしまう方がいいです。

 

この時にできるだけ多くの事柄をリストアップしましょう。

 

この時点では要望すべてが通るとは限りませんが、とにかくこだわりたい部分をすべて書き出すことで

 

ハウスメーカーの担当者さんとの相談や交渉にも役立ちます。

 

住みたい家のイメージが決まればハウスメーカーに相談してみましょう。

 

ハウスメーカーの特徴は別の記事で紹介しているのでご覧ください。

 

 

 

ハウスメーカーは最低でも2社から3社程度は資料請求や見積もりをお願いするといいです。

 

理由は1つの会社だけに絞ってしまうと高いのかやすいのか?サービスがいいのか?よくないのか?

 

比べるものがないと分かりません。

 

注文住宅の価格の相場

注文住宅を建てる時に価格は気になりますが、相場は一体いくらくらいなのでしょうか?

 

注文住宅の価格の相場を知る方法は坪単価?坪数で算出されます。

 

 

少しシュミレーションで例を上げて説明をすると

 

建坪が30坪の注文住宅を建てる場合だと坪単価が60万円とすると

 

30坪?60万で1800万円は必要になります。

 

少なく見積もっても1800万円は用意しておく必要があるというわけです。

 

 

ここで注意したいのが注文住宅を建てるのに1800万円必要ということです。

 

つまりこの金額に諸経費などが加わるのでざっくり見積もっても2000万円が実際に必要なお金ということです。

 

 

注文住宅の価格の相場を知ると同時に総額費用も計算しておくと銀行からの融資にも役立ちます。

 

ここでのポイントは建物だけの金額を知ることができるが、総額費用を知っておくと便利というわけです。

 

 

注文住宅の価格は平均値で算出

注文住宅の価格を出す場合平均値を知っておくと便利です。

 

ではどうやって平均値を算出するのかというと

 

各ハウスメーカーで見積もり金額を出してもらうことです。

 

ハウスメーカーでは大手企業が数多くあります。
積水ハウス、大和ハウス、タマホーム、三井ホームなどまだまだありますが、
自分の建てたいハウスメーカー気になっているハウスメーカーで間取りやデザインを決めて実際にいくらくらい必要なのかを
担当者に聞いてみるといいです。

 

 

ハウスメーカーは実例をいくつも持っているので口答だけでも教えてくれるのではないでしょうか?

 

しかしこの金額も具体的ではありません。

 

より具体的な価格を知りたいのであれば資料を取り寄せて間取りや工事について聞くことです。

 

注文住宅の費用と相場※うわものいくらかかった?